*首の重要性
*手・足の重要性
*頸にしこりがあると
*嗅覚障害の鍼治療
*嗅覚障害の治療法
*経絡放電健康法
*ワンポイントメッセージ







リンク集




鍼灸良導絡治療法というのは、ノイロメーター(探索器)で手首・足首の皮膚表面に電気を流して自律神経(交感神経)の興奮性を観察して治療する方法です。

 →「良導絡研究所」の解説ページへ

病気のある場所やその改善状況がグラフや図として、コンピュータモニター画面に映し出されるので、患者自身も自覚症状だけでなく客観的に治療の効果を確かめられる大きな利点があります。

自律神経失調症では、いわゆる不定愁訴と呼ばれる頭痛・冷え・憂鬱・息切れなどに悩まされる事が多いと考えられます。現代医学では決定的な治療法のない症状だが、鍼灸良導絡療法では電気針治療・電気的刺激で乱れた自律神経のバランスを調整し症状を効果的に改善できます。

また「胃炎と迄はいかないが、かなり胃が疲れている」「肝機能値は正常でも肝臓がくたびれている」というような、現代医学では異常と見なされない範囲の状態を科学的に測定し、軽症の中に治療する事が出来るのも心強いです。

鍼灸良導絡治療法を用いて、腰痛や肩こりなどの運動器系疾患はもとより、特に内臓疾患および自律神経失調症の治療に大きな効果を上げています。

トップページへ戻る


Copyright 2010-2015 by Narikawa Acupuncture. All rights reserved